乳児スキンケア体験集

スキンケアのポイント

 

赤ちゃんとは、大人よりもとてもデリケートであり、繊細な肌です。
なので、普通に考えても大人よりもしっかりとした配慮が必要になってきます。

 

大人が普段、日常で気を付けて行動していないことも
それが赤ちゃんの肌荒れになったりしてしまう可能性もあるということです。

 

そこで大切なのは、やはり健康管理や、しっかりとした行動への配慮、
そして些細なことにも気を使っていくということです。

 

たとえば、外出の際などは紫外線カット効果のあるベビー用ミルクだったり、
少し深めの帽子を被らせてあげましょう。

 

入浴の際は大人用の洗顔剤などは使わず、
赤ちゃん用のボディーソープなどで洗いましょう。

 

生後間もない赤ん坊を入浴させるのは大変でしょうが、
お風呂は毎日かかさずに入れてあげることです。

 

普段私たちが入浴しないと気持ち悪いのと一緒で、
赤ちゃんも言葉には出せませんがそう思っています。
そしてそれがスキンケアの第一歩へと繋がるのです。

 

冒頭にも述べたとおり、大切なのは行動への配慮です。
気付かないところで赤ちゃんはたくさんの菌などを運んでいるのかもしれません。
それを気付いてあげることが、赤ちゃんのスキンケアへの最前のことだと思います。