ひたすら保湿

アトピー発症を防ぐためにひたすら保湿する毎日

 

現在一才八ヶ月になる娘は、生まれながらの乾燥肌で
生後二ヶ月の時に皮膚科デビューをしました。

 

生後半年くらいまでは空気が乾燥すると
直ぐに顔や全身も真っ赤になってしまい、
その度アトピーではないかと不安になっていました。

 

今となれば「生まれて間もない頃の子供は
皮膚が薄いからすぐに症状に出やすい」と落ち着いて考えられますが、
当時はネット検索魔と化して良いとされるクリームや
ケアの方法を片っ端から試していました。

 

結局ネットで進められていた市販のクリームはどれもあまり効果が得られず、
結局は最初に病院で頂いた保湿剤が一番効果があったのですが^^;

 

今はとにかく空気が乾燥しているので、
子供が血が出るほど肌を掻きむしることもしょっちゅうです。
病院の先生いわく、2歳近くになってもまだまだ肌は弱いため
同じ症状で悩んでいるお母さん方が非常に多いそうです。
この言葉を聞いて少し不安感も減りました。

 

昨年「保湿をしょっちゅうしていた子供の方がアトピーになりにくかった」と
いうデータが発表されましたよね。このデータを知ってからというものの、
出来る限り保湿に気を配りアトピー発症の予防になるようにしています。
まだまだ肌には厳しい季節が続きますが、
子供の敏感肌の改善を期待しつつ頑張ってケアを続けていこうと思っています。