欠かせない保湿

赤ちゃんの肌に欠かせない保湿

 

生まれてきた赤ちゃんのお肌はとてもぷるんとして、とてもキメが細かいです。
水分が多く、乾燥しにくそうな気もしないこともないですが、大人に比べて表皮や真皮が薄いのです。

 

そのため外部からの刺激に弱く、傷ついたり、かぶれたりするのです。
そして紫外線に対してもデリケートなのです。

 

ですから赤ちゃんの肌の保湿は、とても大事になってくるのです。
乾燥しがちな冬だけでなく、1年中通してしっかり保湿したほうがいいのです。
特にお風呂上がり後には赤ちゃん用の保湿液を使って肌にうるおいを与えましょう。

 

上がってきちんと身体を拭いてから保湿を行っていきます。
拭き終わった後すぐに乳液を手にとり、顔から身体へと塗って行きます。

 

その時に擦りこむ様にではなく、優しくなでるように塗って行きましょう。
乾燥しやすい箇所はオイルローションを重ねづけすると効果的です。

 

入浴のことですが、新生児のうちはあまり石鹸やボディーソープを使わなくてもお湯できちんと洗うだけでも十分に汚れは落ちます。

 

万が一赤ちゃん用の石鹸等がなくなったからと言って、大人用の物を使ってしまうということだけは避けて欲しいです。

 

必要以上に水分・油分を取ってしまい、乾燥や肌荒れ等のトラブルを起こす原因になってしまいます。

 

赤ちゃんの肌を保湿することは外部からの刺激から守ってくれます。
その上食物アレルギーや、その他のアレルギーから身を守ってくれる大切なことなのです。